不安で眠らない時に安眠する方法

不安で眠らない時に安眠する方法

生活に困窮していると色々な悩みが増えてしまい、布団に入っても寝付けないという人もいると思います。僕も寝ようとしても不安な気持ちが頭の中をぐるぐると廻って寝れないことがよくありました。

もちろん金銭的に悩みがない人でもそういったことはあるでしょうが、寝ないといけないのに寝れないのは本当に辛いですよね。Smartツケ払いで現金化してお金と気持ちに余裕を持つとともに、今回は少しでも安眠できる方法を考えてみました。

Smartツケ払いの公式HPへ

布団に入る前の準備

入浴をして副交感神経を刺激

疲れているとシャワーで済ましてしまうことも多いかもしれますが、安眠と入浴は大きく関係しています。シャワーだけだと体の表面しか温めることができず、さらに交感神経を刺激して目覚めが促されてしまうこともあります。できるだけ入浴してリラックスするようにしましょう。

ツボ押しやストレッチをする

安眠に効きそうなツボとして百会というツボがあります。これは頭頂部にあるツボで指でゆっくり押すとリラックスできる効果があります。

また、人間は眠くなる時は体の温度が下がると言われていますが、足裏の血行が悪いと熱がうまく排出されない場合があります。足裏のストレッチで血行を良くすることも安眠の効果が期待できると思います。

布団に入ってからの心構え

スマートフォンやパソコンを使わない

ついつい布団に入ってスマートフォンをいじりたくなってしまいますよね。しかしブルーライトを浴びてしまうと脳が日中だと勘違いしていまい、眠りから遠ざかってしまいます。

習慣化している人は意識して寝る前は触らないようにしましょう。

寝室の明るさを調整

電気を点けっぱなしにするか真っ暗にするかは人それぞれだと思いますが、一般的には常夜灯と呼ばれるオレンジの小さな灯りが安眠にとっては良いとされています。

寝る前は部屋を暗くして準備しておくことも安眠には大事です。

眠れない時も焦らない

これは難しいかもしれませんが、頑張っても人間は寝れるようにはなっていません。それよりもリラックスして眠りに入れる環境を整える必要があります。もしこれは寝れないと思ったら、布団から出て深呼吸や読書などをして落ち着く時間を設けましょう。

Smartツケ払いは現金化するには良いサービスですが、それでも不安が一気に解決できるわけでありませんよね。皆さんが少しでも安眠できるように参考にしてもらえたら嬉しいです。

Smartツケ払いの公式HPへ TOPページを見る